TIPSパソコンに関するTIPS未分類

無料プログラミング講座を主催する管理人がサーバ用のパソコンを検討する話

投稿日:

無料プログラミング講座を主催している管理人です。

職業はアプリエンジニアを中心に様々な開発をしています。アプリエンジニアと言いながらも、
省庁向けの開発の企画、RFP提案から参画して受注を勝ち取り、その後の設計や開発のお膳立てなどもやらさせてもらいました。
自分でもサーバサイド開発、スマホアプリ開発、デバイス向け組み込み開発、特に過去にやったことなんかなくても、
プログラミングは言語や仕組みや考え方が多少変わったって、基本的なところは何も変わらないのでなんとかやっています。
特にこの10年まったく同じような開発は何1つしてきていないのでいつも最初は知らないところから始め、
日本語どころか英語ですら情報がないことさえやっています。しかし勘があるので何とかなるのです。
いわゆるセンスというやつですね。これを身につけられるかどうかで同じプログラマーを自称していても雲泥の差があると思います。

無料の講座を主催するにあたっていろいろなプログラムも作らないといけない、動画も作らないといけない。
普段使ってるそのままの環境で録画、するのも難しい。また並行作業もどうしても増えるので、動画のエンコードをしながら、
プログラムをビルド、どうしても重くなってしまいますね。

そうでなくてもクラウドも最近有料化などが進んでいるし、データのストックの問題もあるかもしれない。

いろいろ考えるといよいよパソコンが必要な気がしてきました。スペック的にも相当余裕が欲しいですね。

以前も自作パソコンを検討したのですが、ちょっと将来やりたいことも増えてきました。

 

無料プログラミング講座を主催する管理人がM1Macと自作パソコンについて考えてみた話

結論から言うとM1 Macが現在スペックに対しての省エネがすごいです。現状の値段も結構安い。

 

普通に使う上ではスペックもそんなに悪くない(グラボはマザボ搭載のしかないです)

機種名CPUマルチコアシングルコア
Mac mini(2018)Core i7-8700B 3.2GHz(6コア)56901130
Core i5-8500B 3.0GHz(6コア)47901020
Core i3-8100B 3.6GHz(4コア)3280920
Mac mini(2014)Core i7-4578U 3.2GHz(2コア)1630770
Core i5-4260U 1.4GHz(2コア)1300600
Mac mini(2012)Core i7-3720QM 2.6GHz(4コア)2820730
Core i5-3210U 2.5GHz(2コア)1270570

 

小型で省エネというところですがデメリットは接続ポートの問題、拡張性はあまりないところですね。

 

一方自作PC的なところでいくとAI開発やゲームもすることを考えるとグラフィックボードが強力な方がいいかもしれません。

そう考えるとMac miniはなくなる感じですね。

mousecomputer G-Tune PM-A

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 3500
グラフィックスGeForce® GTX 1650 GDDR6版
メモリ8GB
M.2 SSD256GB NVMe対応
ハードディスク1TB

 

約8万円、グラフィック性能はもっと高い製品がありますが、ライトゲーマー向けの製品です。

こちらは512GBのSSDに2TBのHDDがついた製品で約10万円

 

個人的には現在何もかもMacですが、別に全部Mac出なくてもいいわけですね。どうしてもUIが気に入っているのでMacを使っていたりします^^;

OSはWindowsをまとめ買いしてあるのでライセンスは既にあるのでその分くらいはコストを下げられそう(Linuxにしてしまえばそもそも無料ですね)

 

「パソコンは長く使いたい」とも思いますが、現在Appleシリコンが台頭してきた関係もあり今後どうなるかわかりませんね。
Core-i9のMacbook Pro 16inchよりもM1 Macの方が様々な処理が早いくらいなので(Core i9モデルはグラボ搭載なのでその分強い時もあります)

 

何か面白いアイデアがあればお待ちしています。

 

管理人