未分類

余談:自民党内閣不信任?東京都絶賛感染拡大中「選挙どころではないのでは?自民党に不信任案を提出する動画」を作成しました

こんにちは、管理人です。

いよいよ自民党が、内閣不信任案を提出という話になってきたのですが、
まず僕がとても不思議なのは、

 

現内閣

  • 内閣総理大臣:菅義偉(自民党総裁)
  • 財務大臣:麻生太郎(自民党)

元々自民党の影響がとても強いようにしか見えません。

それなのに不信任と言われても、とも思うのですが。政治の都合なのでもちろんいろいろあるのでしょう。

 

動画も作成しておりますのでご覧いただければ。

 

一方で最近いろいろとプログラムを作っています。

リアルタイムのグラフを見ても明らかに感染者は増えてます。

COVID-19新規感染者数ライブカメラを見ていても、全国的に感染者が増えているように見えます

 

内閣不信任、国会解散

全国で感染が明らかに拡大している中で、政治勢力の争いなのか国会の解散。

 

オリンピック聖火リレーの開催

現状日々感染者が増えています。夏頃にはおそらく感染拡大はさらに進行しているはずです。

 

国会の解散とか、オリンピックとか政治の都合もいいでしょうが

現在感染者が明らかに増えている状況ですが、いまから国会を解散、衆院選で選挙?
国会はまず東京都にある国の期間ですが、間違いなく東京都で感染が拡大しているのですが、
そんなことをしていると、その間にますます被害が拡大すると思いますが、
どうしてもというなら国会を解散、オリンピック開催、好きなようにされたらいいと管理人は思っています。

 

3月28日東京都グラフ

 

当然責任は取ってくださいね。

このままいけば必ず感染は拡大して、オリンピックは中止になりそうですし、費やした費用は破綻、赤字、損失、感染者は増大、国民の不満は最高潮に、下手をすれば死者も急増、国家破綻レベルの問題になる可能性があると思うのですが、政治がどうしてもその役割を果たさない、果たしたくない、それはそれで仕方がありません。

しかし起きた結果に対する政治の責任はどうなるのでしょうか。国民1人あたり100万円は支払わなければどうやっても生活すらできない、生活保護の窓口もパンク、予算が足りない、当然近い未来にそうなるでしょう。

またはすでにそうなのではないでしょうか。

ですので、こうなると給付金の支給くらいしかできることはないだろう、ほかの機関や窓口も感染拡大への対応でパンクでしょうし、医療も崩壊するでしょう。その時できることが給付金しかないことは明白です。2020年に給付金を配るに至った背景にもそうした事情があったはずだと思いますが、他に何か方法がありましたでしょうか。

 

可能であれば是非早急に以下の対策はお願いしたいのですが

  • 国会の解散など政治の問題は、新型コロナウィルス感染拡大をしていない時期にお願いします
  • オリンピックは早期に中止を決定して感染減少に注力するか、感染拡大していても開催できるほかの方法で実現してください。少なくとも国民に犠牲を出さずに済む方法にしましょう。バーチャル、リモートでの開催が最もおすすめできる方法です。
  • 感染拡大が続いているので、今後もかなり長い期間日本全域で感染拡大をする可能性が非常に高いです。従いまして当然その前提で動くべきで、リモートでの勤務、通学の必要のないリモート学習、全社会的にリモートを推進すべきだと考えます
  • 2020年より感染拡大の防止には明らかに失敗、経済政策も感染拡大の防止を進めつつ、同時に経済を活性化させるその観点から言えばこれまでの政策はあまりうまくいっていません。むしろ感染を増大させ、現在でも感染の拡大の停止すらできない状況です。したがって、これまでの政策の延長ではない、新たな方針に切り替えるべきです。具体的にはオリンピックの開催などはすべきではないのですが、どうしてもやるなら、既存の方法ではないリモートなどでの方法にしておくべきです

 

個人としまして皆さんへのお願い

2020年より、新型コロナウィルス感染拡大についてはプログラムやスマホアプリを開発して無償提供、感染拡大は間違いないとして警告を発信しています。
今後も感染拡大は間違いない状況ですが、日本政府及び各政党も正しい分析すらできず、間違った政策を連発している大変な状況です。
したがってオリンピックの開催や、感染拡大をしているのに緊急事態宣言を解除する、しかも1週間も経っていない時点で感染者が増加しており、その後も止まる傾向は全く見えない状況です。

ということは今後起きることは当然予測できる事態です。

したがって、感染の拡大に各自で備えると同時に、政府に対しての、間違った行為には指摘を、各国民生活への苦難が今後も続くとなれば当然生活も成り立たないでしょう。上述でも説明している通り、すでに生活保護など既存の仕組みでは予算が足りない状況になっていたり、窓口も近い将来パンクする可能性が高いです。

そうなれば必然的に、今日明日の食事や生活にも困ることは比較的近い未来に起きる事態であることは簡単に予想ができる状況です。

そのため、政府に大して、現状困っている問題への通知、支援の要請を各自で声を上げていかないと、本当に困ってからでは時が遅いことになってしまいます。今一度ご自分の状況について整理され、今後どのようにできることがあり、もうできないことがあれば声を上げていきましょう。

最後に皆さんの健康と安全を心より祈っております。

 

管理人

 

 

余談:自民党内閣不信任?東京都絶賛感染拡大中「選挙どころではないのでは?自民党に不信任案を提出する動画」を作成しました” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。